ページ内を移動するためのリンクです。
HOME > 健康情報 > 心のほっとライン
健康情報 メンタルヘルス・チェック 心のほっとライン 歯の健康

心のほっとライン

伊藤ハムグループ
「心のほっとライン」をご利用ください!!


心のほっとライン

こんなサービスがご利用いただけます。

● 個人的な悩み・心理的困難の解決のための電話相談、カウンセリング。
● 受診・治療相談と医療機関のご紹介。
● 仕事・職場や家庭等の問題の相談。
● 上司の方への職場に関する相談対応。



会社に知られることなく相談できます。


電話相談無料 ・フリーダイヤル 0120-868-552)

 

このような時に、お気軽にご利用ください!!



ご利用にあたってのQ&A

Q1
どのような相談を受けてもらえるのでしょうか?

A1
どのような相談内容でもかまいません。個人的な問題、仕事上の問題、家庭内の問題など身近な問題をご相談ください。また最近調子がおかしいが原因がわからない、なんとなく物悲しくて誰かに話を聞いて欲しいなどの相談でも結構です。

Q2
誰でも利用できるのですか?

A2
対象は、伊藤ハムの下記グループ会社に所属する従業員とその家族です。従業員は、ご本人とご家族についての相談ができます。ご家族は、従業員ご本人についての相談ができます。

<対象グループ会社>

伊藤ハム株式会社 伊藤ハムデイリー株式会社 伊藤ハムフードソリューション株式会社
アイ・パートナーズ株式会社 IHミートソリューション株式会社 IHミートパッカー株式会社
サンキョーミート株式会社 伊藤ハムウエスト株式会社 伊藤ハム販売株式会社
伊藤ハムミート販売西株式会社 伊藤ハムミート販売東株式会社 アイエイチロジスティクスサービス株式会社
伊藤ハムヒューマンサービス株式会社 伊藤ハムシステムサービス株式会社 伊藤ハムビジネスサポート株式会社
城山ハム株式会社 イトウフレッシュサラダ株式会社 筑紫ファクトリー株式会社
沖縄フレッシュパック株式会社 株式会社藤栄  

Q3
相談料はどれ位かかるのですか?

A3
相談料は無料です。

Q4
内容がもれたりしませんか?

A4
相談は、プライバシー厳守のもとすすめられます。ご本人の承諾なしに相談内容が、他の人や会社にもれることは絶対ありませんのでご安心ください。

Q5
相談回数に制限はありますか?

A5
回数に制限はありません。

Q6
誰が対応してくれるのですか?

A6
臨床心理士、精神保健福祉士、産業カウンセラーなどメンタルヘルスの専門スタッフが対応します。

 

伊藤ハムグループのメンタルヘルス対策のご案内



メンタルヘルス対策を始めるにあたっての背景

近年のビジネス環境の変化に伴い、強い不安・悩み・ストレスを感じながら仕事をつづけている労働者は増加の一途をたどっており、日本における自殺者数は平成10年から毎年3万人を超える状況となっています。 このような状況を踏まえ、厚生労働省は平成12年の「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」につづき、平成18年には「労働者の心の健康の保持増進のための指針(メンタルヘルス指針)」を策定し、メンタルヘルス対策の推進に努めています。企業にとっては、仕事や職場・家庭生活に悪影響が現れてくると生産性の低下が懸念されるため、メンタルへルス対策はきわめて重要な問題となっています。実際、伊藤ハムグループにおいても、従業員が精神的・肉体的問題をはじめ様々な不調を訴えるケースが増えていることから、厚生労働省の指針に従い、下記の内容でメンタルヘルス対策を推進しています。



具体的な内容

主な内容としては、

「伊藤ハムグループ 心のほっとライン」という無料の電話相談を開設しています。あけぼの会メンタルヘルスセンターが相談の対応を行いますので、会社に知られることなく相談ができ、 問題解決へと専門的支援を受けることができます。

ストレスチェックアンケートを実施し、自分自身のストレスについて客観的に理解したり、仕事のストレス判定による職場診断を行っています。

管理職等への研修を実施します。


これらの対策を、ストレス等による病気の予防や、
早期発見・治療、問題解決の手段として、是非ご活用ください。



契約機関

EAP協会会員
医療法人あけぼの会 メンタルヘルスセンター
〒533-0031  大阪市東淀川区西淡路2-15-5
http://www.akebonokai.or.jp/mental/


*EAP(Employee Assistance Program)とは、アメリカで導入されている従業員の個人的問題解決支援の仕組である「従業員支援プログラム」の略です。
従来のメンタルへルスと異なり、様々な見地から徹底したアセスメントを行い、適切な機関を紹介したり、EAP機関自体でも短期カウンセリングなどで解決の支援を行います。


もどるHOMEページ上へ